毛穴の黒ずみとは

毛穴の黒ずみは簡単に説明すると、皮脂の酸化によって毛穴が黒くなることでできてしまいます。洗顔もせずに、肌が汚れた状態で居続けてしまうと、角栓が時間をかけて少しずつ毛穴に詰まっていきます。同じく、長い期間をかけて大きく開いてしまった毛穴に角栓が入り込み、黒ずんだ毛穴ができてしまいます。実は、黒ずんだ毛穴の皮脂は透明なのです。黒ずんでいる毛穴は毛穴が大きく開いてしまっている状態なので、角栓が空気に触れてしまい酸化しているから黒くなっています。

毛穴の黒ずみ対策

毛穴を日頃から綺麗にし、メラニンを取り除く事が一番大切です。毎日しっかりと洗顔を行うことで毛穴の汚れはみるみる落ちていきます。その後のケアはしっかりと行いましょう。肌を乾燥させ、毛穴を開いた状態のままにしておくと、毛穴に皮脂がたまり黒ずみの原因を作ってしまいます。お風呂のお湯にゆっくりとつかり、肌の緊張をほぐし、肌全体をやわらげる事で洗顔時にもしっかりと毛穴の汚れを落としてあげる事ができます。洗顔料をしっかりと泡たて、寒くても水で洗顔を行うようにしましょう。肌へのハリも蘇ります。毛穴の黒ずみは、コラーゲンやヒアルロン酸、美白化粧水を使うと一番効果的です。

毛穴の黒ずみ「鼻・小鼻」

毛穴の黒ずみに悩んでいる人の多くは、実は鼻・小鼻にできるものについての悩みではないでしょうか。鼻は顔の中心。あなた自身、鏡をのぞき込めば気になるし、自然と他人の視線も集めてしまうのが、いわゆる、「イチゴ鼻」です。あの黒ずんだボツボツはどうしても目だってしまいますよね。では、なぜ鼻・小鼻に毛穴の黒ずみは多く出来るのでしょうか?理由は大きく分けて2つ考えられます。
ひとつ目の理由は鼻の毛穴の特殊性に起因します。鼻の毛穴というのは他の箇所の毛穴に比べて奥が深く、同時に皮脂の分泌も盛んです。また、鼻の表面温度というのが、サーモグラフィなどで見るとよく分かるのですが、非常に低いために皮脂が固まりやすく、また、詰まりやすくもある訳です。
ふたつ目の理由は鼻の、その形状に起因するものです。鼻の形を思い浮かべて下さい。鼻って普段はそれほど意識していないけど、ツルンっと丸みを帯びているだけの額や頬に比べて、随分、複雑な形をしていますよね?その洗いにくさから、洗顔時に汚れや皮脂の洗い残しが多く発生してしまい、結果、毛穴の黒ずみの原因である角栓が作られやすい環境をもっているのが鼻・小鼻な訳です。
これらの理由からも分かる通り、毛穴の黒ずみ予防には毎日の洗顔やマッサージがとても大切なのが分かってもらえるのではないでしょうか。逆の見方をすれば、毎日、皮脂・汚れを落とすようにすれば「イチゴ鼻」のリスクはかなりの頻度で軽減することが出来るのです。