くすみ肌

くすみとは、肌の皮脂と細胞の脂分が交じり合って(化学反応を起こして)黒ずみをつくった状態の事を言います。お顔の上に天ぷら油が残っていると想像してください。油はどんどん黒ずんでいきますよね?時間がたてばたつほど黒ずみは落としにくくなってしまう。この現象と同じです。首や髪の生え際と肌色が違っていたりする事も、それは顔面の油分にこうした反応が出ているからなのです。
また、血行の悪さから来る老廃物の滞留、水分の少なさ(俗にいうオイリー肌や乾燥肌)こういったことも肌を暗く冴えない色にしてしまう原因と考えられています。血行が悪くなると、皮膚表面の角質が剥がれ落ちず滞り続けます。角質とは肌の表面の細胞の事です。この角質が新しいものに生まれ変わりにくくなり、古い角質がいつまでもお顔の表面を覆って、くすみの始まりとなってしまうのです。
そして、くすみの原因は肌への直接的な負担だけでなく、不規則な生活や食生活も原因と考えられています。禁煙や体内の血行を循環させるための運動など、健康的な生活はくすみを予防するためにもにも効果的なのです。

くすみの原因

くすみの原因としては紫外線の影響、血行不良、睡眠不足、ストレス、たばこ、新陳代謝の鈍化などが挙げられます。

くすみの対策

くすみ対策として、まずはなによりも睡眠を十分取ることです。睡眠の時間だけでなく、質も大事です。特に身体の免疫力をアップさせ肌の再生サイクルを正常に戻すためには夜10時、遅くとも11時には就寝するようにしましょう。血行不良に関しては半身浴や適度な運動・ストレッチが最適です。また、日焼けによる色素沈着が肌のターンオーバーを遅くしてしまい、くすみの原因となりますので紫外線対策も重要です。ストレスをためずに生活習慣を整え、バランスの取れた食生活を心がけることで、数ヶ月で肌の透明感が変わってくるのを実感できるはずです。