色素沈着型のにきび跡は

特に痛みや炎症を伴うにきびの場合、跡になってしまう可能性が多くなります。炎症が激しいにきびは、つぶしていなくてもにきびと共に既に炎症を起こしている状態となります。この場合は、にきびケアというよりも「皮膚の炎症」として考えて治療という意識を持つことでにきび跡を残さないケアを行うことができます。
炎症を伴うにきびでは、にきび自体が治った後に、色素が沈着してしまうというにきび跡になります。
これは炎症を起こしている間に、肌が炎症から皮膚や肌細胞を守ろうとしてメラニンを作ってしまうことが原因と考えられます。つまり、炎症を起こしているにきびをそのまま放置しておいたり、適切な処置をしないことで肌の方がにきびの炎症と戦おうと必死になりメラニンを作ってしまい、にきびが治った後に色素だけが沈着してにきび跡になってしまうということです。
「色素沈着型」のにきび跡は色素沈着ニキビ跡は、進行状況によって大きく3種類に別けられます。

・紫色の色素沈着にきび跡
炎症や化膿ニキビが治った後、一番最初になる色素沈着ニキビ跡によく見られる症状が、紫っぽい色素沈着です。この症状は「ヘモグロビン(血の中に含まれる成分で主に酸素を運ぶ)」のせいで、ニキビが炎症したり化膿したりして「真皮」まで影響を及ぼすと、「真皮」にある毛細血管を破壊して血が出てきます。この血の中に「ヘモグロビン」があり、酸素を失った「ヘモグロビン」は赤黒色(紫)なので、その色が皮膚に染み込んでしまっている為です。

・茶色の色素沈着にきび跡
「ヘモグロビン」の色が薄くなってくると、今度は茶色っぽいにきび跡になります。これはニキビができる過程で発生した活性酸素の影響で、「メラニン」が大量に作られ、肌のターンオーバー(新陳代謝)が間に合わずに「古いメラニン」の色が皮膚に染み込んでしまっている為です。最初「メラニン」の色素沈着は「表皮」の奥でおきます。

茶色の色素沈着にきび跡・2
肌のターンオーバーが正常に戻ってくると、「表皮」の奥で色素沈着していた「メラニン」のシミが外側に押し出されてきます。ここまでくれば次第に色が薄くなってきます。しかし「表皮」の入替サイクル(ターンオーバー)は約4週間なので、色が消える(薄く)まで最短で1ヶ月はかかることになります。ニキビの皮膚へのダメージが大きければ正常にターンオーバーされず、なかなか消えなかったり、一生シミとして残る恐れもあります。

http://www.aidstonic.com/
⇒『ヒアルロン酸』をお捜しの方にはこれがお勧め

ルテインのことを知るならこの会社
http://www.meanauts.info/ruteintoha/