肌の老化と肌年齢

老化というのを何で判断するかは難しいところですが、『老けている』、『老けていない』という判断をする時にはやはり見た目の若さというものが大事な要素になるのではないでしょうか?。つまり若く見られるためには肌年齢が重要ということになります。肌も他の器官と同じようにホルモンの影響などを受けて老化するので年齢は肌に現れやすいのですが、他の器官よりも外部からの直接的な影響を受けやすいので(紫外線やホコリ、化学物質など)環境などで個人差が出やすい部分ともいえます。
実際の年齢と同じように、肌年齢は若い方が肌にハリがあり、また、シワも無くキメも細かい肌であるといえますが、実際に肌年齢をチェックしてみると、実年齢よりも老けていたというショックなケースになる場合もあります。

肌年齢が若いと若く見える

肌が人に与える印象というのは思ったよりも大きいものです。実年齢よりも若く見える、老けて見える、疲れて見える、不幸そうに見える等・・「見た目の印象」を大きく左右するのは実は肌の質感によります。
例えば、俳優がおばあさんやおじいさんを演じるときに、メークで小鼻から口角のライン、目じり、額などに、しわやシミをまず描くそうです。それだけでかつらなどの小道具なしで十分に老け顔が出来上がります。
「年の割りに若く見える」そんな人が身近にいませんか?そういう人はきっと肌が若々しいのではないでしょうか?では肌年齢の若い肌とはどんな肌をいうのでしょうか?

・潤いがありみずみずしい
・張りがある
・キメが細かい

簡単に言えばこの3つの条件がそろえばきれいな肌=肌年齢の若い肌といえそうです。
キレイな肌の人は、普段から自分の肌をよく観察しているので、その変化に敏感です。毎日良く見ていれば、トラブルも初期段階から対処できるのでそのときに合ったスキンケアを行うことが出来るのです。正しいスキンケアの知識があれば肌の悩み、トラブルを解決し、キレイで美しい肌にすることができます。
年齢、生活環境、体質など人それぞれ違いますから、まず、自分の肌をチェックし、自分の肌の状態を知ることから始めましょう。美肌は自分でつくっていくものなのです。