間違いだらけのお肌のお手入れ

お肌は生まれもってきれいになる肌力(きりょく)をもっています。
肌を美しく演出する「美肌力」と肌の健康を守る「免疫力」があります
常に新しい細胞と入れ替える新陳代謝をスムーズしてあげることで美肌力は高まり、それをリズムよくしてあげれば美しい肌を演出してくれます。そして免疫力はバリヤー機能を高めるケアをしてあげることです。バリヤー機能は皮脂膜ができることによって防衛力を発揮できますが、汗腺から汗を出さない皮脂腺から脂を出さないようなケアをすれば、この機能は減退するばかりでお肌の健康をまもることが出来ません。
バリヤー機能を高めて免疫力を強化し新陳代謝をスムーズして美肌を演出するコツは
● 洗顔フォームでゴシゴシ洗いをしない
● 夜寝るときはクリームをやめる
このスキンケアを注意するだけでも肌力を高めることができます。
そのために化粧品とは、どのように付き合っていったらよいか、洗顔はどうするのか、保湿はどうする、保護はどうする等々・・・これらが美肌づくりにはとても大事なのです。肌力を高めるケアは 刺激を与えない洗顔・保湿・保護この3つしかありません。

肌力を高める3つの「ほすい」

肌への補給の第一歩が水分。「補水」です。その名の通り、化粧水や美容液で足りない水分を“補い”ます。しかし、肌への「ほすい」には他にあと2点あります。二つ目は「保水」。水分を“保つ”=与えた水分を逃がさない、ということ。有名なのが、ヒアルロン酸ですね。簡単にいえば、水分を“蒸発しにくくする”ということです。そして最後、三つ目は「捕水」。肌細胞ひとつひとつが、水分をキャッチ=捕まえていること。「ほすい」というと、化粧水かせいぜい美容液くらいまでをイメージすると思うのですが、この三つの「ほすい」を実現するためには、乳液やクリームなどの機能は欠かせません。「ほすい」の三本柱が全部揃ってはじめて肌力がついたといえます。