シミの原因

『シミ』の原因は、過度の日焼け、または浴びてきた紫外線の蓄積量によるものです。陽射しの中の紫外線は、皮膚の中のメラノサイトという細胞を刺激し、メラニン色素を作ります。このメラニン色素の増加と蓄積が「シミ」の原因となります。肌の新陳代謝(ターンオーバー)が順調であれば、メラニン色素が増加された皮膚は垢となって剥がれ落ちます。しかし、順調でなければ、皮膚に残り、やがては異常なメラノサイト群となり、それが「シミ」となります。特にホルモンバランスが崩れたときなどは、メラノサイトが活性化する傾向にありますので、ホルモンバランスが崩れているときに紫外線を浴びると、「シミ」ができやすくなると言われています。

シミの種類


■老人性色素沈着
日焼けが原因で出来てしまうしみです。ほお骨や直接日光に当たりやすい高い場所に出来てしまい、しみの進行がとても早いです。早い人は10代からもしみは出来てしまいます。年中季節に関わらず、紫外線配合の化粧品を使用して予防するのが良いでしょう。

■そばかす
そばかすは遺伝により出来てしまいます。鼻の周りに斑点のような茶色い物がたくさんできてしまいます。外国人の方には良く見られますね。そばかすは消したりする事は不可能なので、外に出たり遊んだりしたりする時は、帽子をかぶったり出来るだけ紫外線対策をしっかりと行いそばかすを増やさない事が大切です。

■炎症性色素沈着
にきび痕や化粧品によるかぶれや、やけどした時に作られる濃い茶色のしみです。自然に消えますが、しっかりと紫外線予防を欠かさずスキンケアをする事が大切になります。放っておくとしみは濃くなり残ってしまう可能性がありますので、スキンケアは必ず行いましょう。

シミ対策

シミには、内側と外側からケアします。まず外側のケアとして紫外線対策につきます。紫外線をいかに浴びないようにするか、浴びる場合もいかに紫外線をブロックするか、この二つを心がけることが大切です。内側からのケアは、毎日水分をたっぷりと補給し、栄養バランスがとれた食事を摂取しましょう。規則正しい生活、適度な運動を行い体の新陳代謝をよくすることが大事です。他にもビタミンCやビタミンAを積極的に摂取するようにしましょう。食事で摂取できない場合はサプリメントでもOKです。