目の下のたるみ

加齢とともに筋肉は衰え、目の下にたるみができてしまいます。若い時は目の周辺の筋肉が眼球をしっかりと支えていますが、年齢が増すと目元の筋肉が衰えてきますので、眼球を支え保つことが不可能になります。そうなると目の下側にある脂肪が押し出されたるみとなってしまいます。目元の皮膚は薄いので、目の疲れも目の下のたるみの原因となります。できるだけこすったりしない方が良いでしょう。

目の下のたるみの解消

目の下のたるみ解消には紫外線対策をしっかりと行いましょう。紫外線を浴びてしまう事でコラーゲンは失われてしまいます。肌にはりと弾力を与える事が重要です。目を思いきり閉じ、その後に目を思いきり見開いてみましょう。眼精疲労にも効果的な目の運動になります。ビタミンを多くとり新陳代謝を活発にさせることも解消方法の一つです。

頬のたるみ

頬のたるみは表情筋の低下によりとても老けたような顔をしてしまう原因になってしまいます。加齢の原因ではありません。表情筋をたくさん使い、頬を上げていっぱい笑う事が大切です。手のひらで顔や頬を上に引き上げたりする事で表情筋を活発にさせ、血行を良くすることで更に頬のたるみは少しずつはりができ、肌に弾力性が蘇るのです。コラーゲンの減少はたるみの原因にもなりますので注意をしましょう。

むくみからたるみへ

「むくみ」は女性であれば一度は経験していると思いますが、このむくみを繰り返していると肌がたるんでくることをご存知ですか?翌日には治るからと気にしないというのは止めて、むくみが生じたらすぐ解消させるようにするのが大切です。むくんだまま何もせずに次の日になると、むくみが治まったような気がしているだけで、実は少しだけ水分を残した状態になっているので、少し太くなっているのです。この状態を長い間繰り返していると、余分な水分が顔だけじゃなく身体全体にたまってくるので、重力によって下へ下がってくるのです。これが顔にあらわれるとブルドック顔ということになります。
長時間をかけて少しずつ変化していっていることは、あまり自覚がないのでなかなか気づきません。自分はむくみやすい体質だと思うだけで終わってしまいます。体質にもより、むくみやすい人とむくみにくい人がいるのですが、これは10年後の顔の輪郭に驚くほどの差が出てくるといいます。したがってむくみを感じたら、その日のうちに解消することが非常に重要と言うことになります。
解消法ですが、お風呂に入ったりマッサージをしたり、蒸しタオルをあてる、つぼ押しするなど様々な対処方法があります。日常生活に支障をきたさない程度に、毎日の生活の中に取り入れられたら、10年後のあなたの顔の輪郭はきっと驚くほどすっきりしていることだと思います。